芸能人・有名人のうつ病まとめ30選!!なぜ発症したか、克服方法を徹底調査!

特集

華やかな世界で活躍し、輝いて見える芸能人や有名人。

ですが、輝いて見える世界の裏には多大なストレスを受け、うつ病を発症してしまう人達も多くいます。

今回は、その30名の芸能人・有名人達のなぜ発症したのか、理由と克服方法を見ていきたいと思います。

うつ病の原因と治療方法!

出典:elooopa

うつ病とは、精神ストレスや身体的ストレスが積み重なり、脳の機能が正常に働かない状態のことを言います。

症状としては、「不眠」「食欲不振」「意欲の低下」などが挙げられます。

早めに治療を開始をするほど、回復も早いとのことなので、これらの症状が続くようであれば、無理せず病院に行くことが大事とのこと。

うつ病の治療法は一人ひとり違い、薬物療法や精神療法、時には環境の整備などの各アプローチがあります。

 

芸能人・有名人30名のなぜうつ病を発症したのか、理由と克服方法!

出典:英語ぷらす

それでは芸能人・有名人30名のなぜうつ病を発症したのかや、どのように克服していったかを見ていきましょう。

この調査で意外な人もうつ病に発症していたことがわかりました。

 

武田鉄矢

 

この投稿をInstagramで見る

 

憧れの武田鉄矢さんと! ガッツリ話せた!!!!! 本当にガッツリ!!!! 色々! 涙!!! #武田鉄矢 #ゴリけん #感無量

ゴリけんさん(@goriken1024)がシェアした投稿 –

武田鉄矢さんは、40代から約20年間うつ病だったことをフジテレビ系「ノンストップ!」で語っています。

武田さんは当時「101回目のプロポーズ」で主演するなど多忙だった頃に体調に異変が起こったそうです。

「ちょっとうつ病っぽくなっちゃって、なにをやっても力が沸かない」

出典:エンタメRBB

しかし、うつ状態になっても誰にも打ち明けることができず、苦しんでいたそうです。

 

そんな中、心理学者C・G・ユングの言葉に出会って救われます。

「人生は山登りに似ている。山へ登った限りは降りなければならない。山に登ったということは、登って降りたということ」

出典:エンタメRBB

この言葉で「山に登り続けよう」という張り詰めた気持ちがなくなり、気楽に生きられるようになったとのことです。

 

20年もうつ病でしたが、前向きに生きられるようになって本当に良かったです。

 

ユースケサンタマリア

ユースケサンタマリアさんは30代からの8年間体調不良だったこと「文春オンライン」で語っています。

2004年に体調不良を理由に休養しますが、その時はガリガリに痩せこけていたとのこと。

この体調不良の原因は、30歳頃まではいい作品に出会えて楽しかったらしいですが、その後に面白くない作品が5本続いてから体調不良になったとのことです。

ご飯が食べれなくなったり、下痢などで体がダルかったようです。

この症状を見る限り、うつ病の症状ですね。

 

しかし、この症状に対して本人はこのように語っています。

僕がうつ病だなんて言ったら、本当にうつ病になった人、それを克服した人に申し訳ないですよ。

出典:excite ニュース

このように本人は語っていますが、体調不良が8年間も続くのはやはりうつ病が発症していたと考えるのが自然でしょうね。

 

そんな苦しい状況中彼を救ったのは、考え方を変えたことだったようです。

「いつの間にか、体調が悪いことに疲れてくるんですよ。で、もうどうでもいいか、みたいな。体調悪かったら悪いって言おう。そこで帰らせてもらおうぐらいの感じで現場に行くようになって、いつの間にか楽になってたのかな? いまはそういう状態ではないって言えるようになりました」

出典:excite ニュース

このように、発想を転換してから体調不良がなくなっていったそうです。

 

ユースケサンタマリアさんは、とても明るい人だったのでうつ病だったと知った時はビックリしましたね。

 

長島一茂

 

View this post on Instagram

 

#ななにー #靴飛ばし映え みんなもやってみて!

長嶋 一茂さん(@kazushige_nagashima)がシェアした投稿 –

長島一茂さんは42歳の時に重度のうつ病を発症します。

原因は、幼い頃から常に一緒だったお手伝いさん、祖母、そして母親が亡くなってしまったことです。

もともと30歳の時にパニック症状を発症していたらしく、原因は長年父親との比較に悩まされていたことによる心身のダメージだそうです。

その症状が治らないまま、立て続けに大切な人がなくなり、重度のうつ病になってしまったようです。

夜中3時になると発汗し起きる日々、幻聴が聞こえたり、包丁を持ち出して命を絶とうとしたり、とても辛かったようです。

そんな長島一茂さんが立ち直ったのは、双子の愛娘の存在と、いつ自分が亡くなってもいいといった開き直りだそうです。

そして、飲んでいた薬を止めたところ良くなっていったとのことです。

 

重度のうつ病は想像を絶する辛さなので、治って本当に良かったです。

 

真矢ミキ

 

View this post on Instagram

 

本当に最近投稿出来てなくてやばいなと思ったので投稿しました笑 高校がこんなに忙しいとは、、通学時間が長いから余計大変💧宿題が多すぎて気づいたらGWも最終日……極端な話、部活と宿題しかやってないかもです、 でも!!!!28日花組公演Casanova千秋楽ライブビューイングですが、みにいけました~♪真矢さんと同じくらい大好きなゆきちゃんの最後、本当輝いてました॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*みりゆきももうみれないのか、、 そして、1ヶ月くらい前に録画した真矢さんのトップ時代の公演をみれました~♪本当にかっこよかったです! 割と好きなことしてましたね笑 でも友達と遊びにくらい行きたかったな笑 そして!今日、久しぶりにビビットリアタイ出来ました~!真矢さんショートやっぱりいいですよね~!まや天最後事故ってましたね笑でも可愛かったし面白かったからからOK~ #真矢ミキ#真矢みき#宝塚#宝塚歌劇#宝塚歌劇団#花組#男役#元トップスター#仙名彩世#ゆきちゃん#トップ娘役#明日海りお#みりゆき#Casanova#千秋楽#ビビット#事故ってたけど#面白かったから#OK#笑

矢神真祐さん(@mayu_mayamiki_64131)がシェアした投稿 –

真矢ミキさんは30歳を過ぎたあたりから、軽いうつ病になったとのことです。

悩みで食事を取れず、日に日に体重が減っていくことが怖かったそうです。

液体や錠剤で栄養や体重が正常になる物を開発して欲しいと当時、本気で思っていたそうです。

宝塚を退団した後も、うつ状態になってしまい、今度は食べることがやめられなくなったとのこと。

そして、友人に「私さ、なんで生きてるのかわかんなくなった」と話し、それに対して友人は「じゃ、とりあえず私はあなたが必要だから生きててよ」って軽い感じで言われたことから、気持ちが軽くなっとのことです。

真矢ミキさんは芯が強そうなので、軽いうつ病だったことを知りビックリしましたね。

 

高岡奏輔

 

View this post on Instagram

 

♥️高岡奏輔さん🖤 ROOKIES⚾️や クローズZERO🎥 …などでお馴染みの! 俳優🖤高岡奏輔さん!!! オーナーのお知り合いで パペポミュージアムへ お越しくださいました〜〜🤩💖💛 ご本人のInstagramにも お写真を上げて下さっています🥺🎀 🎲 @sosuketakaoka 🃏 高岡さん 誠にありがとうございました🧸🍌🦍 🌈体験型フォトジェニック空間🌴 —–【PAPEPO MUSEUM】—– .。・゚♡゚・。🍭。・゚♡゚・。🍦。・゚♡゚・。 . ➡︎西日本初🦋京都にOPEN💖💜 テレビや雑誌などのメディアでも 次々と紹介されています🐻🍯。◯ フォトジェニック&ムービージェニック👑 💖💛🧡夢の空間パペポ💚💙💜 京都地下鉄四条駅・阪急烏丸駅すぐ🚃 京都観光のついでに、 お買い物のついでに、、📷💓 ぜひお気軽にお越しくださいませ🍒 営業時間は10:00-18:00🌟 ご予約はwebから トップページにURLございます🐰🌹 #高岡奏輔 #lamps #クローズzero #ルーキーズ #ROOKIES #ROOKIES卒業 #俳優 #パペポミュージアム #papepomuseum #京都フォトジェニック #インスタ映え #京都観光 #京都旅行 #京都スイーツ #祇園 #京都旅 #京都カメラ部 #京都写真部 #京都散歩 #四条 #四条烏丸 #四条河原町 #京都観光スポット #京都観光地 #そうだ京都行こう #そうだ京都へ行こう #タピオカ巡り #河原町 #京都インスタ映え #京都カフェ

パペポミュージアムさん(@papepo_museum)がシェアした投稿 –

高岡奏輔さんは自身のブログでうつ病やパニック障害と闘ってきたきた歴史を綴っています。

パッチギを撮り終えてから自傷行為を行なったり、その後半年間休むなどを書き綴っているようです。

高岡奏輔さんがうつ病になった原因は、2004年「コンクリート」に出演したことがキッカケです。

プレッシャーとネットからの誹謗中傷に精神が崩壊したとのこと。

そして宮崎あおいさんとの結婚でマスコミからのバッシングで再度うつ病になったようです。

そんな高岡奏輔さんですが、ドラマ「ROOKIES ルーキーズ」で出会った仲間とのお陰で病気の回復に向かっていったとのことです。

やはりネットの誹謗中傷はかなりキツイようですね。

芸能人の方は攻撃の対象になりますので、本当に大変な職業です。

 

玉置浩二

出典:CD journal

玉置浩二さんは仕事のプレッシャーからうつ病が発症したと自身で語っております。

ステージで寝転がったり、バンドに演奏をやり直させたり、客のブーイングに怒り、「嫌なら帰ってくれ」などの奇行が問題になっていたとのこと。

そして入院をしますが、薬漬けになるが嫌で3日で脱走したらしいです。

そのまま実家の北海道に行き、半年間療養をしたそうです。

そこで地元の仲間や、母親の励ましにより回復に向かっていったようです。

 

 

丸岡いずみ

丸岡いずみさんは2011年の東日本大震災の取材後に、湿疹、下痢、不眠などの症状が続いたそうです。

それでも、疲れてるだけと考え仕事を続けたとのこと。

実はこの時もう丸岡いずみさんはうつ病を発症していたのです。

うつ病とわかった後も、抗うつ薬を飲むと人格が変わると思い、薬を飲まなかったことで、さらに悪化します。

そんな丸岡いずみさんを救ってくれた言葉が、「休むことも生きること」という亡き父親の言葉だったとのこと。

これを聞いて、仕事が人生の全てじゃないと初めて気づいたそうです。

 

「休むことも生きること 」この言葉は真面目な人にこそ知ってもらいたい言葉ですね。

 

高木美保

 

View this post on Instagram

 

あやまって顔にオーブオイルがかかった聖也くんをみて笑ってたら、熱湯が眉毛にかかってひりひりしている麺上げ女社員ことみなきだぞ!! 雨ですが皆様いかがお過ごしですか? 本日はアンジェラ・アキの誕生日ということで本域の「かさねた〜」を歌ってくれた拝啓 十五の君へ手紙をプレゼントさせて頂きます! 該当する方が少ないと思いますが、周りにいらっしゃいましたら是非ともご一緒にご来店お待ちしております! 明日はお休みなので担々麺を食べたい方は本日23時までの営業となりますのでよろしくね! #立川 #担々麺 #ラーメン #激辛 #立王子ラーメン#油そば #アンジェラ・アキ#高木美保 #別所美奈妃 #重ねた #ちょい飲み

担々麺 にし森さん(@nishimoritantannissy)がシェアした投稿 –

高木美保さんは仕事のストレスからパニック発作になり、うつ病が発症したとのことです。

電車の中でパニック発作を起こしたことから始まったとのこと。

1度起こすと、また起きるのではと不安になり、それが積み重なってうつ病になってしまったようです。

高木美保さんは周りの期待に応え続けるため、誰にも相談しなかったと自身で語っています。

そして、高木美保さんは自力でうつ病を克服します。

うつ病を自力で克服するのは驚異的なことなので、他の人はやめたほうがよさそうです。

高木美保さん自身も、周りに相談したほうがいいと語っています。

 

自力で克服した高木美保さんの凄さには感服しました。

 

藤原紀香

 

View this post on Instagram

 

#大好き#LOVE#藤原紀香#片岡愛之助#歌舞伎#kabuki#幸せ#お姉ちゃん

はるな愛さん(@ai_haruna_)がシェアした投稿 –

藤原紀香さんは「Numero TOKYO」のインタビューうつ病寸前だったことを語ります。

忙しかった時期は4、5年完全無休状態だったらしく、それが原因で心が病んでいた時もあったそうです。

30代になり結婚と離婚で毎日苦しみ、睡眠薬を飲まないと眠ることさえできないほどの状態になったとのこと。

稚拙な選択で結婚と離婚をしてしまった自分に自己嫌悪に陥り、食事もできず、やせ細ってしまったそうです。

 

井上真央

 

View this post on Instagram

 

* 🙇🙇🗽 最高でした!💕 * #井上真央 #maoinoue

井上真央 fan pageさん(@maoinoue_fanpage)がシェアした投稿 –

井上真央さんはパニック発作15歳頃に発症したと「女性自身」で語られています。

そして2015年のNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で主演の演じるという多大なプレッシャーから再度発症したようです。

撮影中も動悸や発汗、めまいなどが起き、撮影中断するなどありましたが、なんとか乗り越えたとのこと。

 

また芸能人、うつ病と検索すると井上真央さんが出てきますが、これは映画やドラマの役柄に関係していることが判明しました。

うつに関する多くの役柄を演じていたことから 、井上真央さんうつ病と出てしまっているみたいですね。

 

大島優子

大島優子さんは2013年の12月5日に体調不良で公演を休演しています。

さらに大島優子さんのオフィシャルブログ「ゆうらり ゆうこ」の更新が2週間なかったことから、うつ病疑惑が出ていました。

この時期はチームリーダーやドラマなど多忙から精神が追い詰められていたようです。

仮に体調不良なら、ファンに心配かけまいとブログは更新するはずなので、うつ病だった可能性はかなり高かったのではないでしょうか。

さすがにこれだけの多忙なら、うつ病になっても不思議ではありませんね。

 

音無美紀子

 

この投稿をInstagramで見る

 

音無美紀子の歌声喫茶に行ってきました。🎵🎶🎵🎶🎵 ・ 昼の部ゲストは 太川陽介・藤吉久美子夫妻 藤田朋子・桑山哲也夫妻(アコーディオン演奏者)、藤原道山(尺八演奏者) 今拓哉(劇団四季・岩崎宏美さんのご主人) 森公美子さんとX’mas&7周年記念に相応しい豪華メンバー🎉🎉🎉 ・ プライベートで来ていた黒田アーサーさんも参加して会場全員で第九の合唱もしました。🎅🎄🎶🎄🎅 モリクミさんのJoyful Joyfulは圧巻の迫力でした。音量🔊注意❗ 最高に楽しかったです。⤴⤴ ・ モリクミさんの「天使にラブソングを」にあわせてフェイラーハンカチも聖歌隊の可愛い子達です。ランチは「春秋ユラリ」でしらす丼にサラダバイキングにしました。🍴 ・ #音無美紀子の歌声喫茶 #クリスマスコンサート #音無美紀子 #村井國夫 #森公美子 #太川陽介 #藤吉久美子 #藤田朋子 #桑山哲也 #アコーディオン演奏者 #今拓哉 #藤原道三 #尺八演奏者 #黒田アーサー #清水よし子 #小林綾子 #橋本志穂 #原元美紀 #アートカフェフレンズ #春秋ユラリ #恵比寿 #フェイラー #フェイラー大好き #クリスマスマーケット #聖歌隊 #ハンカチはフェイラーと決めています

マダムさん(@madame2332)がシェアした投稿 –

音無美紀子さんは38歳の時、乳がんになり手術をします。

手術は成功しますが、傷跡が大きく女優としてやっていけるかどうか不安になり、そこからうつ病が発症します。

心の病気は治せないと思い込み、女優生命も終わったと絶望したとのこと。

そんな音無美紀子さんでしたが、家族の支えから立ち直れたようです。

夫が根気よく声をかけ続けたり、娘は「ママは笑ったほうがかわいいから、笑ってよ」などの励ましにより、生きようと思えたようです。

 

 

渡辺正行

渡辺正行さんは「解決!ナイナイアンサー」で50歳頃に更年期障害でうつ病が発症したことを語っています。

「50歳くらいのとき、舞台をやってて。今まで感じたことのない、血が逆流するくらいに上がっちゃって。初日だからかなぁと思っていたら(それが)2日目も3日目も‥‥」

出典:Asagei

この症状に疑問を持った渡辺正行さんは病院に行きます。

そして、更年期障害によるうつ病と診断されますが、薬を飲んで完治したようです。

更年期障害は男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減ることで生じるようです。

これが減るとうつ病になりやすいのだそうです。

テストステロンは筋トレで分泌されるようですので、日々の習慣に取り入れたほうがいいですね。

 

萩原流行

萩原流行さんは夫婦でうつ病を患っていたようです。

最初に萩原さんの妻まゆ美さんがうつ病を発症します。

原因は萩原流行さんの女性関係が派手だったことから、うつ病になってしまいます。

そしてうつ病になったまゆ美さんを支えることもなく、自身もうつ病になったと告白本で語られています。

萩原流行さん自身がうつ病になったことで、まゆ美さんの辛さを知り、家事などを手伝うなど、優しくなったとのことです。

2015年にバイク事故で萩原流行さんは亡くなっています。

 

 

高島忠夫

出典:ザ テレビジョン

高島忠夫さんは1998年に重度のうつ病が発症します。

明るくテンションの高いキャラだっただけに、世間は驚いたとのこと。

うつ病の原因は長男が亡くなったことだと、2013年の「カスペ!」で本人が語っております。

俳優として活躍する政宏さん・政伸さん兄弟が誕生の前に長男がいたのですが、1964年に家政婦だった17歳の少女に手をかけられてしまいます。

その時の長男は生後5ヶ月だったようです。

そのことを忘れるために仕事に没頭したのですが、無理が重なり重度のうつ病になったとのこと。

ですが、家族に支えられることにより、回復に向かっているそうです。

 

中島らも

出典:NAVER まとめ

中島らもさんは、うつ病とアルコール依存症だったようです。

最初うつ病と診断されて1週間で治ったみたいですが、その数年後にまた再発したようです。

この時に、病院からかなりキツイ薬を何種類も飲まされたみたいで、脳のIQが185から70になったとのこと。

IQ70は知的障害者に認定されるギリギリの線だそうです。

薬とアルコールで脳にダメージが蓄積されたのでしょう。

 

 

岸辺シロー

出典:SANSPO.COM

岸辺シローさんがうつ病になったのは2007年です。

うつ病になった原因は、自己破産や、脳出血で右目の視力が3分の1を失ったり、妻が亡くなったショックから、発症したとのこと。

そんな岸辺シローさんを救ったのは、友人や近所の知り合い、整体師たちだったようです。

なんとこれらの人が集まって、岸辺シローさんのサポート応援団を結成したとのこと。

このサポートのおかげで、徐々にうつ病を克服しつつあるようです。

こんなにみんなから愛されるなんて、スゴい方ですよね。

 

勝谷誠彦

勝谷誠彦さんは2015年5月ゴールデンウイーク明けにうつ病になったようです。

急に何の前触れもなく、金縛りにあったように体が動かなかったとのこと。

そこから2〜3ヶ月の記憶がほんとんどなく、それでも仕事は続けていたようです。

そして病院に行き、医師から「こんな重症は久しぶりに見た」と言われたようです。

ですがこの重症から3ヶ月で治ってしまったそうです。

医者が言うには、あの状態から3ヶ月なんて奇跡とのこと。

本人曰く、仕事を休まなかったのが良かったのもかもしれないと話しています。

勝谷誠彦さんは肝不全のため、2018年11月に亡くなります。

原因はアルコールの取り過ぎだったようです。

 

 

木の実ナナ

出典:男はつらいよ

木の実ナナさんは46歳の時に更年期うつ病と診断されます。

診断される1、2年前から体調が悪くなったとのこと。

嫌なことばかり思い出すようになったそうです。

またイライラもするようになり、走っているバスを見てだけで「なぜここにあのバスは走っているんだ」と思ってしまうほどだったようです。

好きだったお酒も飲めなくなり、自分の人生が灰色になったと語っていました。

そんな木の実ナナさんでしたが、ファンの中にたまたま医師がいて、木の実ナナさんの異変に気づいたようです。

そして木の実ナナさんは相談をし、薬を飲むことによって、楽になれたようです。

 

 

庵野秀明

 

この投稿をInstagramで見る

 

今回は#庵野秀明 、監督です。 代表作品、エヴァンゲリオンやシンゴジラの監督さんです。 先生#諸星大二郎、の大ファンであることも有名です。 #大塚英志 、さんの本にエヴァンゲリオンと14歳の章があります。以前、お話したアトムの命題、人工的な息子が親に成熟する事を強要されるモチーフです。エヴァンゲリオンはビンディングスロマンー成長話を不成立にさせる話だとされています。この命題でシンジ少年はエヴァンゲリオンに乗る事を拒否し続けます。戦前、通過儀礼で強制的に大人の世界に放り込まれた時代は終わり、戦後自分で通過儀礼を作ってしまった14歳少年の殺人事件がおこるまでになってしまいました。そして、現代はネトウヨや誰かを殺して死刑にしてもらう型犯罪にいたる心性を語られています。是非読んでくださいW(^O^)W 参照#庵野モロ☆

ganbarekumasanさん(@ganbarekumasan)がシェアした投稿 –

庵野秀明さんはヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの公開後、世間からのバッシングに合い、うつ病を発症したそうです。

庵野秀明さんは1996年にも、新世紀エヴァンゲリオンのテレビシリーズが終わった後、うつ病になっています。

その時は、精根尽きて抜け殻のようになり、飛び降りを図ったとのこと。

新世紀エヴァンゲリオンはいろいろと複雑な精神世界が描かれていることもあり、想像を絶する大変さがあったのでしょう。

そんな庵野秀明さんですが、「シン・ゴジラ」の監督を務め、大ヒットをさせることにより、うつ病を乗り越えたようです。

 

ダウンタウン・松本人志


松本人志さんは東日本大震災の後に、軽いうつ状態だったことを「NEWS ZERO」のインタビューで語っています。

震災があった当時、テレビはバラエティ番組は中止になり、報道番組ばかりになっていました。

そんな中、2011年3月24日に「ダウンタウン超DX 沖縄生放送スペシャル」があります。

その時、松本人志さんは「いったい自分に何ができるのか」と思い、やる気が出ず軽くうつ状態だったとのこと。

しかし生放送の何気ないやりとりに、客席から笑いが起こります。

この大震災で暗いニュースばかりで、元気を出す為には視聴者は笑いが必要だったのです。

そして、その笑い声を聞いた松本人志さんは「俺、結構、何かやれるかも」と思い、立ち直ったそうです。

 

松本人志さんの笑いに救われている方は多いと思いますので、これからも、笑いを届けて欲しいです。

 

ナインティナイン・岡村隆史

 

View this post on Instagram

 

#Champion 2018 Fall & Winter Press Exhibition お邪魔しました!

okamuradesuさん(@okamuradesu)がシェアした投稿 –

ナインティナインの岡村隆史さんは2010年にうつ病で芸能活動を休んでいます。

その当時のことをテレビでこう語っています。

「ほんまに芸能界やめようと思ったんですよ。もういいや……と思って」

出典:j-cast ニュース

あれだけお笑いに真剣な岡村隆史さんが芸能界を辞めようとしたしていたのですから、当時は相当苦しんでいたことがわかります。

また不眠症にもなっており、何ヶ月も眠れない日々が続いたのとことです。

ハッキリとした病名は明かさずに「頭がパッカーン」と表現していましたが、症状を見るにうつ病で間違いなさそうです。

 

うつ病は本当に苦しい病気なので、今後も無理せず活動して欲しいですね。

 

キングコング・梶原雄太

 

View this post on Instagram

 

… 「こちら、ルミネtheよしもと。」 本日もお送りしていきます。🙋‍♂️ … 本日の芸人さんは、最近はお2人共に多様な活動をされている、 ハイスピード漫才が持ち前のこの方。キングコングさんです✨✨ … 西野さんは絵本作家として、梶原さんはYouTuber「カジサック」として活躍中でございます!😁 そんなお2人もM-1ファイナリスト。 芸歴を重ねてもなお、若手のようなフレッシュな素晴らしい漫才を、今日の公演でも披露していただきました🤣笑 … 今やテレビではなかなか見れない、テンポの良い、スピード感溢れるキンコンさんの漫才!ぜひ一度劇場でご覧になってみてはいかがでしょうか。🤗 … 「こちら、ルミネtheよしもと。」 本日はここまでです。🙇 … #こちらルミネtheよしもと #こちルミ #キングコング #西野亮廣 #梶原雄太 … #新宿 #ルミネ #ルミネtheよしもと #お笑い好きな人と繋がりたい

ルミネtheよしもとさん(@lumine_the_yoshimoto)がシェアした投稿 –

梶原雄太さんはデビューで4年でレギュラーを9本持っていた時期にうつ病を発症してしまいます。

仕事のプレッシャーと忙しさから、なんと仕事を放棄し逃亡してしまったのです。

携帯電話の電源を切っていたらしく、誰も行方が分からない状態だったとのこと。

梶原雄太さんは親にだけは生きていることを知らせようと、電源を入れると、藤本敏史さんから着信が入っていたそうです。

そして藤原さんは梶原さんを、どれだけ周りが心配したかを本気で叱り、そんな仲間がいたことに感動し、復帰します。

若手でこれだけ売れると、やはりプレッシャーもものスゴくあるのでしょうね。

 

中川家・剛

中川家・剛さんは1998年にパニック障害で1年間仕事ができない状態に陥ります。

中川家はデビュー当時から実力を認められており、仕事も順調だったようですが、実はそのプレッシャーは大きかったようで、パニック障害を発症してしまいます。

「仕事に行きたくない」や「俺、アカンわ」と言って途中で帰ったりしていたみたいです。

そんな中川剛さんが立ち直ったのは、さんまさんのお陰だったそうです。

1年間の休養復帰後に周りから心配されますが、明石家さんまさんだけはいつも通りイジってきたそうです。

それがかえって良かったらしく、明石家さんまさんに救われたと話しています。

さすが明石家さんまさんですね!

 

NON STYLE・石田明

石田明さんは、もともと対人恐怖症があったらしく、フリートークが上手くできず、そのストレスからうつ病になったとのこと。

ひな壇に座っていると手が痺れたり、地面に吸い込まれそうになる感覚に襲われるといった症状が出ていたようです。

薬を飲み始めても症状は治まらなく、朝起きるとなぜか外で寝ていたり、借りた覚えのないDVDがあったりしたらしいです。

そんな中、先輩のブラックマヨネーズ・吉田敬さんから「俺も手が痺れる。お前の話はウケなくても、お前はおもろいねん」と同じ体験したことがわかり、気持ちが楽になったようです。

 

柳原可奈子

柳原可奈子さんは父親が亡くなったことからうつ病を発症します。

父親のことを「キヨシ」と呼ぶほど慕っていたそうです。

柳原可奈子さんは一人っ子で、母親を早く亡くしている為、父親を亡くすことなんて想像もできないし、考えるだけで恐ろしいと発言していました。

父親が亡くなった後、2013年の7月に頭痛で1週間の入院をします。

頭痛はうつ病の症状の1つです。

さらに2011年の時点では、153センチ74キロだった体型が、2013年には80キロ近くなり、翌年2014年に65キロになります。

ダイエットしているわけではなく、この激ヤセぶりにファンは心配したようです。

 

柳原可奈子さんは両親2共が亡くなってしまったので、精神的に相当辛かったでしょうね。

 

ビヨンセ

 

View this post on Instagram

 

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿

ビヨンセは2006年にうつ病を発症したとのこと。

原因はデスティニーズ・チャイルドの解散でした。

食事も取らず、部屋にこもって、「私は何者?私の友人は誰」と思うほど孤独な時間を過ごします。

そして2011年に、自分のことに集中するため1年間休養をとりました。

 

レディーガガ

 

View this post on Instagram

 

Thank u @variety 💖

Lady Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 –

レディーガガは、急に有名になったことからうつ病や不安神経症が発症します。

いきなりの環境の変化に心がついていくことができなかった事が原因と思われます。

この病気を隠す事なくオープンにして、「元気を出して、気持ちを吐き出そう」と声をあげる事が大事と語っています。

 

アンジョリーナ・ジョリー

アンジョリーナ・ジョリーは10〜20代にかけて学校のいじめやコンプレックスでうつ病と自傷行為を繰り返していたそうです。

ですが、傷ついたり人生を迷ったからこそ、難民救済の活動するなどの、母性に溢れた魅力的な女優になったようですね。

 

オードリー・ヘップバーン

オードリー・ヘップバーンは度重なる流産やなかなか子宝に恵まれずにうつ病を発症したとのこと。

母親願望が強かったオードリーにとってかなりのストレスだったようです。

このせいで、体重が減ったり、タバコの本数が増大するなど私生活は荒れてしまったとのこと。

ですが、1960年に長男を授かったことから、立ち直ったようです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

意外な芸能人がうつ病だったこともわかり、びっくりしました。

うつ病はかなり大変な病気だったこともわかりました。

芸能人の方はプレッシャーやバッシングに晒されるので、うつ病になってしまうようですね。

大変な職業だと存じますが、無理せず続けて欲しいです。

コメント

テキストのコピーはできません。